不妊治療の保険適用について

令和4年4月より、不妊治療の一部が保険診療となります。

■ 
人工授精は、費用の自己負担分が5,460円になります。(他に薬剤代などがかかります。)
人工授精を実施する場合、まず、治療の説明と相談をしますので、人工授精日以前に、ご夫婦ご一緒に来院してください。
WEBでご予約される際に、備考欄にご主人とご一緒に来院される旨をお書きください。

■ 体外受精も、保険診療となります。(年齢、回数に制限があります。)
体外受精を保険診療で受ける場合、
① まず、胚培養士によるARTカウンセリング(治療内容説明)を受けてください。
② その後、治療の前の周期に、治療計画をたてますので、ご夫婦ご一緒に来院してください。
WEB予約の、”ART計画相談”でご予約いただくか、あるいは、お電話でご予約ください。

当院での不妊治療が初めての場合は、まず、”不妊初診”で受診をしてください。